追浜柔友会

横須賀市の柔道教室です。横須賀市、横浜市金沢区・磯子区・港南区、葉山町の小中学生が通っています。

活動日:水・金曜日は19:00~20:30、土曜日は18:30~21:00
拠 点:横須賀市立追浜中学校 格技場2F
無料体験:毎週第2金曜日
会 費:小学生10,000円/半年 中学生5,000円/半年
連絡先:佐々木 sasakih822@gmail.com 090-8770-6455

2018年10月

柔道をやるには最高の季節になりました。
皆勤賞を目指しましょう。

2日(金):昇級試験(試験用紙を忘れずに)
3日(土):通常練習

7日(水):通常練習
9日(金):通常練習、無料体験会
10日(土):通常練習

14日(水):通常練習
16日(金):通常練習
17日(土):通常練習

21日(水):通常練習
23日(金):通常練習
24日(土):通常練習

28日(水):通常練習
30日(金):通常練習

毎月第2金曜日を無料体験会と致しました。
ご近所、学校のお友達へお声掛けをお願いします。

IMG_20181028_104842

2大大会(全国少年少女柔道錬成大会、VIVA JUDO杯小学生柔道大会)を終えて、プロジェクターを用いた分析会を行いました。参加した子ども達は、自分の試合や仲間の試合、あるいは相手の技を食い入るように観ていました。場面場面で映像を止めて良かった点、悪かった点をみんなで共有することが出来ました。ノートにたくさん書き込んだ生徒もいて、全員が何らかの「気づき」を得たことと思います。後半には遼のおもしろ映像を入れたりして、私自身も楽しめることが出来ました。終盤に子ども達から感想を聞くと、「あの技、今度の試合で試してみたい」という嬉しい声も上がりました。
今後も試合は勿論のこと、普段の練習風景を撮影したりして定期的に分析会を企画していきたいと思います。その際は保護者の方もご参加頂き、子ども達の成長ぶりを観て頂ければ幸いです。過去の試合をお持ちで分析会に提供してもいいという方は随時お持ちください。
ついでに子ども達のおもしろ映像も募集します。龍生いっぱいありそうだな(笑)
おもしろ映像コンテストなんていいかもしれませんね。。。

VIVA JUDO杯小学生柔道大会@東京武道館に参加して来ました。関東の強豪121チームが参加する中、追浜柔友会からは1チーム出場。結果は2回戦敗退でした。敗れた相手はベスト8まで進んだチームとは言えども、もう少しやるべきことがあったと思います。上位チームの試合を最後まで観たことで、自分の柔道と何が違い、課題は何なのか個々で感じることが出来たでしょう。その感じたことを具体化しながら考えて練習すればきっと成長すると思います。

IMG_20181021_093008

IMG_20181021_160215

遼:軽い相手にはめっぽう強いが重い相手に通じる技が弱い。背負い投げや足技の練習が必要。

凜:勝てる相手にまさかの自爆。練習は試合のように、試合は練習のように。試合中の冷静さが必要。

健翔:強そうな相手に当たると思いっきりさが半減してしまう。自分を信じる事が必要。

隼海:重い相手に頑張ったと思う反面、隼海らしさがもっと見たかった。昔あった爆発力が必要。

翔太:先週の動きが出来ていれば勝てていたはず。左右の振りが弱かったし、組んでからが遅かった。悩まず入れる勇気が必要。

総じて言えることは、大きな大会になればなるほど萎縮してしまう選手達。それはなぜだろう。緊張、不安、あるいは返される恐怖だったり色々あると思う。全てを解消することは出来ないけれど、練習量で概ね解消出来ると先生は考えます。つまりは休まず練習に来て、居残り練習も毎回やること!
漢字のテストと一緒で、たくさん勉強すればテストなんて怖くないでしょ。
今日の悔しさを胸に来年に向けて頑張ろう。

今度、ビデオを見ながら分析会を行います。その際に個々で良かった点、悪かった点を発表してもらいますので、覚えているうちにしっかりと振り返りをしておいてください。

保護者の皆さまそして賢人、未海、ケン(遼の弟ちゃん)応援ありがとうございました。


IMG_20181014_135736

91回も行われている歴史ある大会、横須賀市民体育大会に参加してきました。

結果は遼、健翔、翔太が3人抜きの優秀賞でした。遼と翔太は強豪の1人目に勝てたからこそ3人抜きに繋がったと思います。いつもスロースタートの2人ですが、今日は気持ちが前面に出ていてとても良かったと思います。しかも寝技をはじめ普段の練習の内容をしっかりと出せていた事もすばらしかった。成長を感じました。ポイントゲッターとして来週のVIVA柔道も頑張ってください。
健翔は寝技で2本。3人目は豪快な背負いで1本、久しぶりに背負投げを見た気がします。

今日負けてしまった子ども達は決してダメだった訳ではありません。練習では出来ているのに試合で出せなかっただけ。なぜなら自信がないから、技をかけていいのか迷ってしまったり、中途半端な技になってしまったり。

「試合」とは試し合うと書きます。自信がつけば恐れず技を試すことが出来るようになります。自信をつけるには辛い練習あるのみ。

今日の負けを心で感じ、頭で考えてください。これからの頑張りを期待しています。居残り練習待っています。

↑このページのトップヘ