4月28日鎌倉武道館で行われた県下少年柔道大会の結果です。

咲良:1・2年女子 優勝
彩花里:3年女子 準優勝
未海:4年女子 3位
遼:4年男子軽量級 準優勝
龍生:5年男子軽量級 3位
真太朗:5年男子軽量級 3位
健瑠:中学3年男子中量級 3位

IMG_4920











IMG_4930

DSC03436

チームとしてはまずまずの成績でしたが課題の残る試合でもありました。

咲良:初優勝おめでとう。でも柔道が優しすぎるのでもっとガツガツ攻める気持ちが欲しい。

彩花里:初勝利。決勝の相手は1.5倍大きかった。食トレが必要。いっぱい飯を食え!

未海:初戦の相手は凄いパワーで振り回されつつも気持ちで負けず最後はきれいな内股で技あり。気持ちさえあればトップも狙える逸材、やらないのは勿体無い。居残り練習から逃げないこと。

遼:優勝して当たり前なのに結果が伴わなかったのは残念。軽量級相手に課題が残る。意味のある負けとなるようにしっかり反省し対策をしよう。GWは休んでいる場合じゃないぞ!

凛:初戦で優勝者と当たったのは残念。でも初戦を制すれば優勝できた可能性はあったと思う。試合中の冷静さが必要であり、雑さが目立った。練習は試合のように、試合は練習のように!自分より組手の早い相手、飛び込んでくる相手の対策をGW中に考えておくこと。

龍生:初の表彰?龍生を長いこと指導してきたけれどきれいな一本初めて見ました(笑)
次は全小予選、甘くないぞ!全小予選までドラゴンボールカードは取り上げかな。

真太朗:声を出していればポイントが取れたこと、釣り手の動きは?引手の位置、つかみ方は?相手への崩しはどうだったかな?期待しているからこそダメ出しが多くなってしまうけど、今日はよくやった。

理大:試合に出ようとする意欲、聞きに来る姿勢高く評価しています。今日の試合で感じたことたくさんあったはず。小さくても大きい相手に勝てる、だから柔道は楽しいって思える日が必ず来る。継続は力なり。頑張れ!

昇子:苦手意識の塊のような試合だった。自分の得意技で投げられてしまうのは悔しいはず。下を向く癖、守るだけの気持ちを直さないとまた結果は同じ。練習で何をしなければならないのかしっかり考えてごらん。練習が変われば試合も変わるぞ。

健瑠:本人が一番分かっているが左組にめっぽう弱い。教えた釣り手の使い方が出来ていないのは自分のものになっていない証。アウトプット出来るまで反復せよ。


最後にひと言。試合はくじ運もあると思う。強い相手に当たった時、100%の力が出せるかどうか。冷静さが欠けていたり、習得したはずのことが出せなかったり、それは練習不足の一言に尽きる。普段の練習を適当に流していないだろうか。今日の負けを単なる負けとせず、しっかり考え次に生かして欲しい。体が勝手に動くほど練習しよう。本番は1か月後だ。